基調講演

Phil Quade
基調講演

元NSA情報保障局の最高執行責任者が語る「サイバー戦争と重要インフラ保護」同時通訳

Fortinet, Inc.
最高情報セキュリティ責任者(CISO)

フィル・クエイド

セッション概要
サイバー攻撃やSNSでの偽情報拡散を用いた先進国の大統領選挙への積極的な干渉が続いており、グローバルな「サイバー戦争」は既に進行中です。最大のターゲットとなるのは重要インフラですが、その領域では攻撃からシステムを保護するための十分な措置がなされているとは言えません。このセッションでは重要インフラや企業の重要な情報資産を守るための考え方、組織の運用などについてお話しします。
講演者プロフィール
国家安全保障局(NSA)や米国上院における海外、政府、産業の分野で30年以上の経験を有し、サイバーセキュリティおよびネットワーク構築を担当。フォーティネットの情報セキュリティ責任者であり、連邦政府向け事業や重要インフラ事業の戦略と拡大を指揮。フォーティネットでは、顧客企業の経営層向け戦略コンサルタントも務める。フォーティネットに加わる前は、NSA長官のサイバー担当特別アシスタントや、NSAサイバータスクフォースのチーフを務め、サイバー分野でホワイトハウス担当として活躍。また、NSA情報保障局(Information Assurance Directorate)の最高執行責任者も務め、日々の業務やサイバーセキュリティにおける戦略および対外関係を担当。NSA在職期間中はInformation Operations Technology CenterのAdvanced Technology Groupのトップや、米国上院および国家情報長官事務所の専門職員など、様々な役職を歴任。