特別講演

佐藤 優 氏
特別講演

緊迫した国際情勢と日本外交 ~サイバーセキュリティとインテリジェンス~

作家・元外務省主任分析官

佐藤 優 氏

※ご応募多数のため、一部サテライトでの聴講となる場合がございます。予めご了承ください。

講演者プロフィール
1960年生まれ。
1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、1995年より外務本省国際情報局分析第一課において主任分析官として、対ロシア外交の最前線で活躍。
2002年、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕され、以後東京拘置所に512日間拘留される。2005年、執行猶予付き有罪判決を受ける。「起訴休職外務事務官」の肩書きで、幅広い執筆活動を行なう。2009年、最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。
2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。2006年には『自壊する帝国』(新潮社)で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。日本のインテリジェンスの第一人者。